楽譜

シュトラウスの歌曲を弾いていて、
ここ、ここの和音ってやっぱり好きだわ~~
・・とか思いつつ、
ずいぶん前に弾いた時の楽譜を開いてみたら、
C1B10D04-4B21-417E-A7B4-FB6340A02553.jpeg

その和音をやっぱりチェックしていました(笑)
好みって変わらないのね(笑)
成長してないのかもしれないけれど(^-^;。


そんな今日はレッスン日。

昼間は大人の生徒さんが来て、
いろいろ質問いただいたりして、
結局レッスン後も楽譜を広げまくることに。
6669EB9D-9E99-4C73-9CA2-A02841C5E32D.jpeg



66E0DD7F-FA14-47DD-87CE-7AEA9DA0D4C1.jpeg

有名な・・モーツァルトのソナタK.545
ソナチネアルバムの中にも入っているので、
小さな子でもよく知っているかと。
私もソナチネを初めて弾くときに、
ソナタと書いてある曲が入ってる~~と
いつか弾きたい憧れの曲、みたいな気持ちがありました。

大人の生徒さんは、いま3楽章に取り組み中なんですが。
楽譜によってアーティキュレーションが全然違うよね~
という話から。
A622712F-1CA9-47F6-A755-3879465337DF.jpeg


とりあえず楽譜棚から探した3冊を出してみても
いろいろ違うのです。
原典版には載っていない記号やらなにやらが
校訂版にはたくさん載っていて、
私も教えながら、あれ?自分が弾いたのと違う・・というのはよくあること。
原典版と校訂版のどっちが良い悪い、というのはないと思うのですが
できる限り作曲者の意図に近い・・ハズ(^^;の原典版も見た上で、
校訂版と向き合うのが一番かなぁと思っています。

コンクールを受けたり、受験で弾いたりの場合は
いろいろ気を使いますけれど・・
大人の方は、いろんな解釈のある楽譜が世の中にあることを知った上で
一般的なものがあればそれをお勧めするし、
どっちもあり得るなぁという場合は
お好きなもの、弾きやすいものを選択してもらっています。

そ~んなことしてるから、
話が長くなるし、レッスンの後は
楽譜が散乱するんですが(^^;
でもこういう時間、楽しいし、大事。


余談ですが。
子供のころって、原典版だ、校訂版だ、なんてこと
全然頭になくって、
ただただ国内版しか持ってない日々は
輸入版が憧れでした。

初めて買った輸入版はパデレフスキ版のショパンのワルツ。
23884FE2-6FEA-4C22-94DE-7737D9F87A30.jpeg


当時のポーランドのお国事情なのか、
とにかく、紙質が・・・なかなかなものでして。
それが、まだ見ぬ海外への憧れを冗長させたんですけど(笑)
使っているうちにボロボロになって、
最終的にページが全部取れて、開くと粉が出てくる、という(笑)
なので、買いなおしたものを使っていて、こちらは大事に封印中です(笑)


楽譜は・・やっぱり音楽やってる私たちには大事な宝物です。
捨てられない。

(片づけられない理由を書いておきます(笑))


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
↑まだまだ行方不明な楽譜がいっぱいありそうで怖い私に、応援クリックお願いいたします!











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

mylte
2021年01月28日 11:32
わたしも最初の輸入盤はパデレフスキ版のショパンのワルツでした☺ええ、わたしのもボロボロでもしまたワルツの楽譜が必要になったら崩壊するに違いない状態になってます。楽譜は自分の先生方の考え方が反映されてるなーと近頃つくづく思います。どこの輸入盤を見ても装丁?は日本が一番!って思っちゃう。中身はやっぱり輸入盤のほうを信用しちゃいますけどね。
cissie
2021年01月28日 12:18

>mylteさん

ワルツだったんですね!おそろい!
もう、持ち出し危険物ですよね。これ(笑)

ほんとに、装丁がしっかりしているのは
やはり国内版だと思います。
輸入版も昔に比べれば、大分綺麗ですけどね…

この記事へのトラックバック